• ホーム
  • マンションあるあるの結露対策の方法とは?

マンションあるあるの結露対策の方法とは?

マンションでよく聞くのが結露の問題です。
これには明確に発生原因となる物がいくつかあります。
まずは最初に上げた通り、マンションは基本的に高層化に堪えるために鉄筋コンクリート構造になっていて気密性に優れる分、逆に通気性には木造には劣るモノがあります。
つまり換気なしには室内の空気が循環しにくく、冬となれば外気の影響を受けにくくはありますが、当然一切受けないわけでもなければ窓際などはどうしても室外との温度差の影響で結露が発生します。

結露対策としてはまず換気を行う事が一番手軽で効果的対策となりますが、当然換気扇を回したり窓を開けたりすれば冷気が入ってしまいます。
次に二重窓にするというのも結露対策として有効ですが、賃貸の場合には自由に自分の意思で窓を変えられるかというと、そうとは限りません。
二重窓にしたからと言って換気しなくても問題が無いかというとそうでもないので、その辺りの配慮も必要になってきます。

次に結露の原因となる事として、部屋干しです。
天候が悪ければ部屋干しを余儀なくされることは当然出てきますし、部屋の中の湿度と温度が上がればその分だけカビの発生原因にもなりますし、かといって窓を開けても外が悪天候では効果もありません。
こういう時に役立つのが除湿器です。
部屋干しの湿気を処理してくれるのも当然ですが、最近だと空気清浄機能を内蔵した除湿器などもあり、これらはカビの予防にもつながりますし、冬場の結露予防にも効果的と言えます。
特にマンションだと構造物その物の気密性が高い分だけ、結露を起こしやすいのは窓の付近に限られてきます。
窓に張り付けて置くタイプの断熱シートやドア等の開け閉めを多くする場所付近への断熱などによる結露対策などが効果的です。

前項でも触れました通り、賃貸マンションにおいては大掛かりなリフォームには条件が付いてきますので窓の結露が気になる場合に、二重窓への変更などは難しく成ります。
最近だと窓に簡単に張り付けてワンシーズンで剥がすことのできる断熱シートや結露対策シート、高性能で近いがっての良い除湿器などの他に、窓だけの話なら結露を防止する窓用洗剤なども市販されています。
これらは普通の窓拭き洗剤よりも若干値段こそ張りますが、使用自体は普通の窓拭きをするのとほとんど変わらないで結露防止効果を期待できるので、除湿器だけじゃ心許ないとか断熱シートを使うにも子供がいたずらに剥がしてしまう家にはこういったものも検討してみる価値があります。

関連記事