• ホーム
  • 賃貸物件からの引っ越し時には注意しよう!経年劣化と認められない事とは?

賃貸物件からの引っ越し時には注意しよう!経年劣化と認められない事とは?

リビングルーム

賃貸マンションのメリットは最初に書きだした通り、ライフスタイルの変化に合わせた移動のしやすさが魅力の一つにあります。
というのはあくまでも分譲と比較してという話です。
賃貸の場合にむしろ一番問題となるのはいざ引っ越しとなった際の部屋の引き渡しの問題です。
第一にハウスクリーニングが当然必要になります。
これは確実に必要になり、人が生活すると埃が発生するというほどどんな注意していても人が暮らせば何かしらのゴミや汚れが発生するためです。
ハウスクリーニングが必要ないほどきれいに清掃を行っていますと言っても、当然部屋の管理側の契約者としてはそれを業者等で確認して問題ないと成らない限りはハウスクリーニングが入ることに成ります。
実際、自分が入って来た時とほぼ変わりない状況まで原状回復を行って次の部屋の利用者に引き渡すのが管理者側は普通です。
契約書の内容にもよりますが退去すると成ったら経年劣化として認められる部分を覗いて、傷や汚れと言ったものは補修義務が発生します。
この原状回復に関する契約書の内容を確認していないと引っ越しに際してトラブルに成るのはよく聞く話です。

では、傷や汚れと経年劣化とはどの程度違って、補修義務がどの程度まで適用されるのかという話ですが、大きくは契約内容によります。
原状回復に掛かる費用に上限を設けているところもありますし、敷金・礼金などからこれの一部を負担してくれる契約もあったりします。
ただ、基本的には賃貸マンションに置いては退去の際には自分が使っていた生活に欠かせない生活感のある痕跡については問題ありません。
主に冷蔵庫や生活必須家具を置いていた跡、お風呂や洗面台などの水回りは必ず使うので定期的掃除を行っていても汚れが残ってしまう場合は仕方ありません。
明らかに物をぶつけたりなどで無い傷程度なら管理者側が負担してくれることが多いですが、目に見えた大きな傷や意図的ともいえるくらい残った汚れなどは部屋の使用者側に負担を求められることが多いです。
主にトラブルに成りやすいのはこの傷や汚れの判断です。
もし仮に自分が引っ越して来た際に、こういった傷や汚れが有った場合はそれを写真に撮って、なおかつ管理者に事前に通知しておいて原状回復にその傷や汚れが含まれないことをお互いに確認しておくと最良です。
似た様な事で引っ越し業者の家具の運び込みで見に覚えがない傷や汚れがあった場合は管理者ではなく、引っ越し業者にこれを相談、場合によってはその修復を請求する必要が発生します。

関連記事
人気記事一覧
サイト内検索